« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月21日 (土)

あの曲の名は?

拙者、テレビよりもラジオに接している時間のほうが、長いです。

朝起きてから拙宅を出るまで、あるいは、現場仕事の車移動中など
ラジオ番組の進行を「時計代わり」にしている面も多々アリアリです。

で、お気に入りのラジオ番組の背景にさりげなく流れている音楽や
番組とCM(NHKでは流れませんが)の間に挟まっているBGMとか
「あの曲は何てタイトルの曲なの?」と思うことがシバシバです。

そんな「あの曲の名は?」のいくつかを、ご紹介。

その1: Longing/Love  George Winston
     (「あこがれ/愛」 ジョージ ウィンストン)
      ※写真の上のCDの1曲目に収録されてます

この9月で終わってしまった「久保ミツロウ・能町みね子のオール
ナイト・ニッポン・ゴールド」という番組の人気コーナーのひとつ
「ツイッターアゲイン」のバックに流れていたピアノ曲。
この曲って、拙者が大学生の頃に微妙に流行っていたので、
聴いた瞬間にタイトルが分かったんですが、若い皆様の間では
???となったらしいですね(WEBですぐ検索できます)。

その2: Oristano Sojourn  Scott Cossu
     (「オリスターノ逗留」 スコット コッス)
      ※写真の上のCDの5曲目に収録されてます
        Sojourn は逗留や滞在の意 オリスターノはイタリア

25年以上前の大学生時代に聴いていた「中島みゆきのオール
ナイト・ニッポン」の午前2時代に、番組とCMとの隙間に流れて
いた楽曲。しばらくは??だったのですが、行き当たりバッタリに
購入したこのCDに入っているのを見つけたとき、小躍りしました。
7年越しでたどり着いた、「あの曲の名は?」です。

その3: Larry's World  Russ Freeman
     (「レリーズ ワールド」 ラス フリーマン)
      ※写真の下のCDの4曲目に収録されてます

ニッポン放送系「鈴木杏樹のいってらっしゃい」という人気番組の
エンディングに流れているアコースティックギターの曲。
前々から気にはなっていたのですが、何のことはない。
番組のHPに曲のタイトルが載ってたんですね。う~ん・・・
この曲を朝聴くと、なんとなく落ち着くのは、拙者だけではあるまい。

Windhamh 「あの曲の名は?」の2枚
ウィンダムヒルの楽曲って
案外幅を効かせてるのね?











そういえば、最近あんまり音楽CDを買わなくなったな・・・を痛感。

だんだん感受性が劣化してきた・・・証拠でしょうか?南無!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 2日 (月)

技術士試験 アゲイン

一歩前進、二歩後退。

この夏の技術士第二次試験は、上下水道部門・水道環境科目の3回目。
正直なところ、1年目と2年目は手探り状態で受験し、結果も散々なもの。
なんとか「勝負」になるレベルに鍛えねば・・・
思って、そこそこ準備をして臨んでみたのですが、結果は無念の不合格。
去年よりも少しだけ手ごたえがあったので、軽い残念感が募りますね。

Gijutusi2015 筆記試験不合格の通知書
筆記試験合格の場合は
右側にある空白部分に
口頭試験の日時が記載






技術士試験の筆記試験は大きく3問。その心をザックリ説明すると、

必須科目Ⅰ:該当部門の基礎知識
選択科目Ⅱ:専門知識と応用能力
選択科目Ⅲ:課題解決能力

したがって、今回の結果は、基礎知識・専門知識・応用能力は十分ですが
課題解決能力が不足してますね・・・ということになります。
去年まではⅡとⅢがB評価だったので、一応は一歩前進といえます。

しかし、事前の自己採点では、Ⅰはともかく、Ⅱがダメで、Ⅲがギリギリ・・・
と考えていたので、手ごたえと採点結果に、若干ギャップがありますね。
そのギャップの理由、たぶん出題者が書いて欲しい視点とかキーワードが
解答論文の中に足りていない・・・ということだと分析できます。

この、出題者が書いて欲しい答案を書く・・・ってのが、案外難しいのです。
とりわけ小生の場合は、水道や下水道に関しては「門外漢」に近いので、
この道の常識ってのが、まだまだ、わかっていないのですね。
水道・下水道への未熟さがわかったので、二歩後退ってとこでしょう。

それでも、来年夏の試験に向けて、これから何をなすべきか?
方向性がわかったのは収穫でした。試験は受かるまで、続けるべし!

そろそろ気象予報士試験のほうは、ギアチェンジしねばな・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »